進路講演会

 高校2年生を対象に「進路講演会」を実施いたしました。
 6月9日(土)〔国公立大学中心〕8講座・11日(月)〔桜美林大学〕8講座、この企画は、生徒自身にとって、適性・興味・関心のある大学の学部・学科を考える第一歩とさせるとともに、大学で「学ぶこと」の面白さ・楽しさに気づかせることをねらいとしています。大学の先生方から興味深い授業を受け、生徒たちは多くのことを学びました。

高2進路講演会タイトルおよび講演者

海洋政策学系『沖ノ鳥島から学ぼう』東京大学海洋アライアンス特任准教授
ビジネス学系『LCC(格安航空会社)の進出で活気づく日本の空』桜美林大学ビジネスマネジメント学群アビエーションマネジメント学類教授
英語学系『英語は誰のことば?~英語についてもう一度考えてみよう』桜美林大学リベラルアーツ学群講師
コミュニケーション学系『カンボジアを知ろう~外国語を通して知る異文化~』東京外国語大学大学院 総合国際学研究院(言語文化部門・文化研究系)准教授
情報・数学系『情報社会で数学が果たす役割について考える』桜美林大学リベラルアーツ学群講師
化学系『コンピュータが創る新しい化学』東北大学未来科学技術共同センター教授
物理学系『ぶつからないクルマはどのように事故を回避するのか!』東京農工大学大学院 工学研究院先端機械システム部門 准教授
生物・生態学系『ウナギとマグロの不思議な回遊生態~適切な資源管理に向けて~』東京大学大気海洋研究所大学院新領域創成科学研究科教授
情報・芸術学系『次世代映像コンテンツの可能性をさぐる』立教大学現代心理学部映像身体学科教授
芸術系(演劇) 『大学で「芸術を学ぶ」ということ』桜美林大学総合文化学群准教授

☆ 生徒の感想より☆
□ぼくの知っている限りでは、沖ノ鳥島は自然でできている小さな島の周りをコンクリートで固められている島という認識しかありませんでした。でも思っていたより事態は深刻で驚きました。ぼくが見たことのある沖ノ鳥島の写真は満潮時で、自然の島自体は映っていないことも知りませんでした。この講座を受けていなければ多分沖ノ鳥島のEEZ について問題になっていることは知ることはなかっただろうからこの講座を選択しておいて良かったです。
(講座『沖ノ鳥島から学ぼう』より)

□今日のお話を聞いてすごく面白い話だなと思いました。いろんな技術を取り入れていろんなものをつくるっていう発想が面白かったです。他にどんなものがつくれるのかとかすごく気になってこういう道に進むのもいいなと思いました。でもいっぱい覚えなきゃいけないし、計算式・文字がいっぱいあって難しかったです。でも興味がもてる話をしていただいたし、自分が将来したいことも何となくできてきたような気がします。今日は本当に貴重なお話をありがとうございました。
(講座『ぶつからないクルマはどのように事故を回避するのか!』より)

□LCC(格安航空会社)は新しいことだと思っていましたが、他の国では何十年も前からあったと知って日本はかなり遅れていたということが分かりました。過去にLCCが海外で急成長していたことから日本の今後にも期待したいです。価格が安いからこそ接客や人へのサービスが大切になると思います。LCCが日本でもっと普及するにはまだ多くの課題がありますが、私たちが仕事に就く頃にはいまよりもっと普及していてほしいです。最近よく聞くLCCが私たちの今後にこんなに影響があるなんて思いませんでしたし、桜美林大学でも空港のことが学べるところがあるなんて知らなかったです。LCC以外にも航空関係のことでいろいろ知ることができて本当に良かったです。
(講座『LCC(格安航空会社)の進出で活気づく日本の空』より)

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop