2014年度聖書に親しむ会

讃美歌を歌う会・聖書に親しむ会

 今年度も盛会の内に行われましたことを、一筆感謝申し上げます。
 讃美歌の会を指導下さる太田桃子先生は、お忙しい担任の身ながら常に美しく女性として母として身近なお手本です。朝から家事で慌ただしく駆け込む私達を癒しの笑顔で迎えるや否や、発声でさっさと体を解し声帯を温め、気づけば30 分で讃美歌3 曲ちゃんとハモっているのですから、合唱コンで普段音楽とは縁のなさそうな生徒が楽しく声を出している謎が解けます。家庭内でも有効なあの誘導テクニックが欲しい! と思わせる方です。
 キャロリングでは初めての試みとして生徒とのコラボ。若者の甘い歌声や華麗な演奏にインスパイアされすっかり力を頂きました。生徒と文字通り共に礼拝を持ち讃美できる素晴らしさを実感できるのは桜美林ならではの貴重な体験です。
 聖書の会・講師の先生方は聖書の箇所を用いながら、視座を下ろし、今話題の世間話や生徒を通じた学生生活から保護者が家族として家庭においてどのような関わりかたをすべきかを解りやすく説いて下さいます。
 まず生活を振り返り(第1・2 回) 時に哲学的な命題から(第3回)、又聖書の世界における年間カレンダーの理解(第4回)、人生訓として( 第5 回)、原発問題含め沖縄や被災地の方々、又諸外国の天災・人災含め病む人々とも共に生きようとする姿勢( 第6 回) を学ばせて頂きました。
 皆勤賞も学園グッズ等が賞品とされ好評です。(ロゴ入りのトラベルクロックやコンパクト・ミラー等)又昨年度より奏楽伴奏奉仕のご参加を募り積極的にお申し出頂きました。昨年度はOG 母・在学母半々でしたが、今年度はOG 母1 人以外在学母で、来年度は新たに3 名申し出あり遂に、在学母のみで支えて頂きます。
 学園の暖かい心に触れ皆様で同じお弁当を囲む昼食は〝最後の晩餐″と同じく長テーブルでありながら、学年毎のあるある話や大切な情報交換の場ともなっています。
 始まりはお互いの顔を付き合わせる程数人だったと杉本先生から伺った集いも年々参加者が増え今では立志ホールが手狭に感じられる程です。
 讃美歌の会で腹式呼吸で歌いストレス発散した後は、聖書の会で新鮮な気持ちで視野を広げ御言葉の力を頂き昼食や同学年の保護者とのお喋りから更にエネルギー充電。ワンセットのリラクゼーションにもなり月一回心贅沢なひとときを楽しむ方はますます増えています。
 PTA のより活発な交流の場として確かに大切な場を頂き、心より感謝申し上げます。

(PTA 本部実行委員 吉村 麻美)

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop