高校吹奏楽部 韓国・順天(スンチョン)訪問、交流演奏会開催

更新日:2013年12月23日

2013年12月21日から24日まで、吹奏楽部にとっては、2000年の韓国済州、2011年の中国北京に次ぐ三度目の楽旅(がくりょ)が行われた。過去二回も語り尽くせぬ実り多き旅であったが、今回は訪問先の学校に吹奏楽部があり、はじめて交流演奏会が実現した。これは順天(スンチョン)にある梅山(メサン)女子高校と本校との間で結ばれた教育交流協定にて基づいて行われたものである。
 韓国の高校はとてもハードな学習体制のもと学校生活が営まれているが、梅山女子高では、そのような中でも吹奏楽の活動にはとても力を入れており、専用の合奏ホールや分奏場などを備えた音楽館が完備し、楽器も充実していた。今迄にアメリカや日本への演奏旅行も行っているとの事である。まず感じたのは、自分達の活動にやり甲斐と誇りをもっていて、いい意味での自信が伝わってくる点だった。短い滞在の中からも、学校はもとより地域の人々などからも支えられ、守られているという印象を受けた。
             ♪
 初日の練習で、メサンだけでの演奏が始まった瞬間、一同その勢いに圧倒された。迷いなく一気呵成に突き進むその力強さやテンション感に、強烈なインパクトを受けた。翌日、メサンによるコンサートを鑑賞する機会を得たが、そこでも自分達の伝えるべき音楽を、しっかり伝えようとする、明確な意志や力を、彼女たちの演奏から感じることができた。本番の交流演奏会を翌日に控えたその夜、私達は宿でミーティングの時を持った。感じていたことは大なり小なり皆同じだった。「伝えるべき音楽を、確かな意志をもって伝えること」、「桜美林が目指している音楽を信じて、その上で自分達の音楽を精一杯伝えることができれば、きっと聴き手の心を動かすはずだ。明日これが実現したなら、皆は一歩今の壁を乗り越えることができる」。こうした想いを共有して、当日を迎える事となった。
             ♪
 12月23日演奏会当日、会場は順天中央教会。教会といっても大きく立派なホールだ。リハーサルが押して開演直前なのはわかっていたが、前日の練習で出来なかった「スイング・スイング・スイング」を通し始めた途端、既に客席に入っていたメサンのメンバー達から一斉に手拍子や歓声の嵐! 前夜私達が共有した演奏会への意志を最高の形で後押ししてくれたのが、彼女達だった。
 今回の演奏会は桜美林の演奏、メサンの演奏、合同演奏の三部構成で行われた。プログラムは別掲の通りである。
 第Ⅰ部は桜美林の演奏。演奏曲の中の、團伊玖磨作曲「管弦楽のための祝典序曲」は、オペラ「夕鶴」や童謡「ぞうさん」他多くの作品を残した氏の隠れた名曲である。かねてから正統的で品格ある團氏の音楽に共感を覚えていたこともあり、2000年の済州訪問の際に、團氏の秘書をなさっていた佐藤静恵さんに編曲・演奏の許可をいただいた経緯から、今回もお話させていただいた所、「こういう時代だからこそ、皆さんのような交流が大切なのです。ご成功をお祈りしております。」との本当に温かく有り難いお許しをいただいた。このお言葉にどれほど勇気づけられたか知れない。心を込めて演奏させていただいた。お客様は曲中に出てくる和太鼓にも興味津々で、とても真剣に聴いてくださった。
 3曲目の「ロッホナガー」組曲は、イギリスのチャールズ国王による絵本を題材としてN.ヘスが作曲したバレエ音楽を、作曲者自身が組曲にまとめたものある。出版されたばかりの楽譜なので、おそらくこの演奏が韓国での初演になったと思われる。親しみやすく明解な作風だが、多くの楽器に独奏が出てくるので度胸と表現力が求められる。指揮をした吉川君のアイディアで、桜美林の練習に立ち会っていたメサンのメンバー達にお願いし、繰り返し聴いてもらった。そのお陰で本番では充分に成果を発揮する事ができたのだった。
 さてポップス系の曲になると、客席からはメサンのメンバーは勿論、在校生や一般のお客様からも手拍子や大きな歓声が・・・! K-Popのヒット曲、少女時代の「Gee」では曲に合わせてメロディーを歌ってくれたり、J-Popおなじみの「ultra soul」では割れんばかりのコールが起きた。最後に演奏した「スイング・スイング・スイング」は、スターウォーズで知られる J.ウイリアムズが、ジャズの名曲「シング・シング・シング」に敬意を表し作曲したスイング・ナンバーである。リハーサル時にも増してボルテージは最高潮に達し、会場がひとつの大きなうねりに包まれたような感動的な空気感の中、桜美林のステージを終えることができた。
 第Ⅱ部はメサン女子高校の演奏。前日にも別の場所で本番を行い、その片付けや、この会の準備など裏方も含めた全てをこなしてきているだろうに、そうした疲れを全く感じさせない彼女達には、感心させられるばかりであった。また後から聞いた話だが、メサンの吹奏楽部は本来この時期に定期演奏会を行っているが、今回はそれに替えて、この演奏会を開催してくださったのであった。自分達が主役となる演奏会をこうした企画に切り替えてくださったことに、心から感謝を申しあげたいと思う。
 そして第Ⅲ部は合同演奏。私が指揮した「オーメンズ・オブ・ラブ」は、練習時から「ネ・チョアヨ(とてもよいです、の意)」を連発し好リアクションを得ていたが!?、本番ではメサンのメンバーともアイ・コンタクトをとりながら、本当に楽しく振ることができた。「エル・クンバンチェロ」は、メサンのKim先生の情熱の棒さばき!に桜美林も負けじと応え、熱狂的な演奏となった。そしてコンサート・マーチ「木陰の散歩道」。最後はKim先生と吉川君と私の三人で一緒にタクトを振った。音楽が皆の心を結び合わせ、ここに居合わせた全ての人々が、メサン・桜美林両校の生徒が奏でる音楽に身を委ね、感動を共有する最高の時が流れた。 
 生徒同士はすっかり意気投合し、最終日の別れ際まで名残惜しそうにコミュニケーションをとっていた。今回の話が持ち上がってからの紆余曲折の全てが、この瞬間充実感に変わっていくのを覚えた。
             ♪
 この楽旅から私達は、自分達の音楽を精一杯伝えようという確かな意志と、謙虚な気持ちで努力を重ね、聴き手に確信をもって演奏することの大切さや、歓びを学んだと思う。韓国の方々のまっすぐな力に後押しされて、このような体験が出来たことに改めて感謝したい。もちろん急に自分達の技術が上達したわけでも、音楽への知識が増えたわけでも、性格が変わったわけでもないので、大切なのはこれからだ。私達は自分達の力で、聴き手の心に伝わる音楽が奏でられるように成長していかなければならない。
             ♪
 桜美林の創立者清水安三先生は、約百年前に中国に学校を創った時から、諸外国、特に近隣の国の人々と友好関係を築くことの重要性を説き、実践されていた。昨今の情勢を見るに、私達がこうした精神をしっかり受け止めて考えていく必要があると思う。今回の演奏会はほんの小さな出来事に過ぎないのかも知れないが、少なくともあの時間、音楽の力で、みんなの心が国境を越えたのは確かだ。こうした事実が一人でも多くの方に伝わり、未来に繋がる一歩だったと思えるようになることを願ってやまない。
 最後に梅山女子高校の先生方や生徒の皆さん、当日のお客様を始め、ご支援いただいた全ての方々に深く感謝申し上げます。                      吹奏楽部顧問 生野隆久

 <備考> メサンの吹奏楽部の正式名称は、順天梅山女子高校 KONI Wind Orchestra ですが、本文中ではメサンと標記させていただきました。
 
公演プログラム 韓国 順天梅山女子高等学校・日本 桜美林高等学校 第1回交流演奏会

<第1部 桜美林高等学校吹奏楽部>
メリーゴーランド         P.スパーク作曲         生野 隆久指揮
管弦楽のための祝典序曲      團 伊玖磨作曲 生野 隆久編曲   生野 隆久指揮
「ロッホナガー」組曲 ~Ⅱ,Ⅲ N.ヘス作曲  吉川 英希指揮
クリスマス・フェスティバル    L.アンダーソン作曲     生野 隆久指揮
Gee                E-Tribe作曲/郷間 幹男編曲 邉見 ちひろ(高2)指揮
ultra soul            松本 孝弘作曲/本澤なおゆき編曲  川﨑 桃子(高2)指揮
Swng,Swing,Swing J.ウィリアムズ作曲/J.ボコック編曲 山本 玲児(高2)指揮

<第Ⅱ部 順天梅山女子高等学校 KONI Wind Orchestra>    Kim.Sung-Sik指揮
O Fortuna, Velut Luna & Overture Festive          Andre Waignein作曲
Ricohet                           Sean O,Loughlin作曲
Zigeunerwisen   Pablo de Sarasate作曲
    Tuba solo / Kim.Nam-Ho
Joy in All Things                      Brian Balmages作曲     
Pastorare Symponique                     Jacob de Haan作曲

<第Ⅲ部 合同演奏>
オーメンズ・オブ・ラブ      和泉 宏隆作曲/真島 俊夫編曲 生野 隆久指揮
エル・クンバンチェロ       岩井 直博編曲          Kim.Sung-Sik指揮
コンサートマーチ「木陰の散歩道」 F.ゴールドマン作曲

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop