高校吹奏楽部、ディズニー・シーに出演しました!

更新日:2015年2月11日

去る2月3日、晴天の下、高校吹奏楽部はディズニー・シーに出演し、堂々20分のショーステージを披露しました。

1990年に当時の部員の強い希望でビデオオーディションに応募し初出演を果たして以来、2005年にはCS-TV「ディズニー・チャンネル」でタレントのワッキーさんの取材による学校での活動とディズニー・シー出演の際の様子が放映され、2010年には「TRICK Or BEAT」のステージでディズニーのプロ・バンドの方々との夢の共演が実現するなど、多くの貴重な機会をいただいてまいりました。

こうした過去の経験を踏まえつつ、特に今回は今一度ディズニーでの演奏の意義を見つめ直すことを心がけて、準備を進めました。

本番は、深紅を基調としたマーチング衣装に身を包んだバンド・メンバーと、ライトブルーのワンピースに淡いピンクのポンチョ姿のカラーガードのメンバーが、あの「ウェストサイド・ストーリー」の名曲で、1950年代のアメリカの空気感を伸び伸びと高校生らしく表現、部員による元気いっぱいの司会もショーを盛り上げ、大きな拍手をいただくことが出来ました。

演奏後にスタッフの方から、「ご来場のお客様が足をとめてくださる、とても楽しいステージでした」とのお言葉があり、一同感激でした。

このような貴重な場を与えてくださった関係者の方々や、当日のお客様、ご支援いただいた全ての皆様に心より感謝申し上げます。

~ドラムメジャー 江藤麻子(高校2年)より~
「私達は念願だったディズニーへの出演を果たすことが出来ました。クラブとしては過去にも多く出演していますが、今回のメンバーは全員ディズニーでの演奏は初めてでした。以前桜美林が出演した時の映像などからアイディアを練ったり、先生や先輩方からのアドヴァイスから、意識を高めるなど、皆がキャストとしての立場に徹し、ゲストの方に楽しんでいただこう、という一心で練習に取り組みました。ステージでは、まだまだ未熟ではありますが、心を込めて私達らしい演奏演技を披露することが出来たと思います。この経験を単なる思い出に終わらせることなく、大きな糧として今後に活かしていきたいと思います。支えてくださった方々、本当にありがとうございました。」

(尚、主催者側の事情により、写真等の掲載は遠慮させていただきます。ご了承ください。)

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop