国語

「すべての学習活動の基礎」をきめ細かく指導

中学の国語の授業の様子

 国語は「読む」「書く」「話す」「聞く」という四つの技能をフルに活用する科目です。つまり、すべての学習活動の基礎であり、社会生活を送るうえでも必要不可欠です。

 桜美林中学校では、「現代国語」「言語文化」「書写」
(2、3年生は「言語文化」に含まれます)に分けて授業を行っています。
 「現代国語」の授業では、音読、漢字練習、意味調べなどの予習や、授業中のノートの取り方など、きめ細かく指導しています。
 「言語文化」では、スピーチやディベート、さまざまなメディアを利用した発表を行うとともに、古文・漢文を通して日本の文化や昔の人の考え方を学んでいきます。

 1年に5回開催するコンテストでは、常用漢字2136字のうち、小5から中3で学ぶ1496字の読み書きの習得をします。
 また、読書を奨励して毎月1冊以上の読書を課し、読書ノートの作成を指導しています。

Adobe Flash Player

“Adobe Flash Player”の最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。お持ちのプラグインのバージョンによっては、一部コンテンツが正しく表示されないことがございますので、ご注意ください。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop