社会

重要なのは「興味を持つこと」それを「自分のことば」で表現すること

中学の社会科の授業の様子

 社会科という教科を学ぶうえで、大切なことは「興味を持つこと」です。そしてその興味を抱いたことを「自分のことば」で表現していくプロセスを、社会科ではなによりも重視しています。

 桜美林中学校では、1年で地理的分野。2年で歴史的分野。3年で明治時代以降の歴史的分野と、公民的分野として現代の国際社会を形成してきた事柄を中心に学習します。
 学習内容は3つの分野に分かれていますが、これらはそれぞれ関連しています。公民の分野で学ぶ現代社会のさまざまな出来事にも歴史的な背景があり、地理的な要素も含まれることもあります。

 3年間の社会科の学びを通して、社会で起きている出来事をさまざまな角度から見て、自分なりの考えを持ち、学びを深めていきます。

 各学年とも毎回の授業で「学習プリント」に取り組み、基礎的事項の定着・徹底を図ります。また、各学年で冬休みの課題として、自分でテーマを考え、自分の足を使って調べ、目で見て、まとめる作業を課しています。

Adobe Flash Player

“Adobe Flash Player”の最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。お持ちのプラグインのバージョンによっては、一部コンテンツが正しく表示されないことがございますので、ご注意ください。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop