中学校礼拝

更新日:2017年5月10日

「惜しんでわずかしか種を蒔かない者は、刈り入れもわずかで、惜しまず豊かに蒔く人は、刈り入れも豊かなのです。各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めた通りにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。」コリントの信徒への手紙Ⅱ 9章6節~7節

 創立記念月間である5月10日(水)の中学校礼拝は、今年も創立者清水安三先生の孫にあたる清水安三記念館(滋賀県)館長清水賢一先生をお招きして、「一枚の銅貨から」という題でお話をしていただきました。安三先生は1921年、当時は大変危険な地域であった北京・朝陽門の外側に崇貞平民女子工読学校(後の崇貞学園)を設立されました。先生は生徒を集めるために銅貨「銅子児(トンツアール)」を惜しみなく与え、イエス様の教え通り豊かに蒔くことを実践されました。そしてこの崇貞学園から始まった刺繍の技術は、後に朝陽門外での立派な産業となっていきます。安三先生が説かれた「学而事人」(学びて人に仕える)の精神をあらためて心に刻む時となりました。

 

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop