中学2年生サマースクール

更新日:2017年7月22日

 7月20日(木)中学2年生は7時40分に学校集合、開会礼拝を行ったのち体育着に着替えて、飯田市に向けて9時に出発しました。梅雨明けした真夏の太陽が照りつける中、農家での体験を楽しみに、元気に行ってまいります。

 談合坂サービスエリアで休憩をとり、次の休憩SA駒ケ岳に向かっています。駒ケ岳では用意してきたお弁当をいただきます。良いお天気の中、外でランチタイムとなりそうです。

 昼食の後、飯田運動公園に到着。地区別のバスに乗り換え、お世話になる農家がある地区へと出発しました。運動公園では伊賀良地区の対面式が行われました。
 また、今田平地区では目の前に大きく広がるブドウ、りんごの木々の中、収穫される果物を入れるコンテナを冷たい水で洗う作業のお手伝いをしました。

 午後から夕方にかけて各農家で農作業等のお手伝いをしました。
 真っ黒になりながら数多くのジャガイモを掘って収穫した農家、掘りたてのジャガイモでこれからポテトチップスを作ろうという農家、広大なブルーベリーやりんごの畑の中で、しぼりたてのジュースの瓶にラベル貼りをする作業を行った農家、などなど様々な体験をさせていただきました。

 7月21日(金)午前、お世話になった今田平、上久堅、高森町、三穂、伊賀良、阿南町のそれぞれの地区で、感謝のお別れ式が行われました。どの地区でも、生徒たちと農家の方々との大変和やかな交流をうかがわせるような締めくくりの会となりました。 
 阿南町では農家の代表の方から、「私たちが育てている野菜のひとつである茄子。茄子は花がついたら必ず実になります。千にひとつの無駄もなく。茄子の花と同様、みなさんの親や先生の言葉や意見にも、ひとつの無駄もないことをおぼえておいてほしい。」とのごあいさつの言葉をいただきました。
 一泊という短い滞在でしたが、大変よい経験をさせていただきました。
 お世話になったみなさまに感謝です。

 伊那谷道中かぶちゃん村で昼食をとった後、集合写真を撮りかぶちゃん村を見学しました。地元の方もびっくりしておられるほどの暑さの中、からくり館や電気バスなどで楽しみ、ホテルに向かいました。ホテルに到着後はプレゼンテーションの準備です。

 ホテルに到着後夕食までのおよそ3時間は、夜に行う農家での体験を班ごとに発表するプレゼンテーションの準備、お風呂、お土産購入に費やしました。
 スケッチブックにそれぞれの班が個性豊かに描いて仕上げた手製パワーポイントを用いて、 自分たちの農家体験を発表し合いました。

第3日目、7月22日(土)も良いお天気でスタートしました。午前中は「プレゼンNo.1決定戦」を行い、各クラスの代表グループがそれぞれとても良い発表をしました。栄誉あるNo.1にはB組のチームが選ばれました。
 引き続いて閉校礼拝が行われ、各クラスの代表生徒1名ずつがサマースクールの感想を述べ、最後に齋藤先生に全体を総括して感話をお話しいただきました。今回の農家でのホームステイ体験が、次年度のオーストラリア研修旅行に繋がることを願っています。
 その後9時50分にホテルを出発し、帰途につきました。

 諏訪のおぎのやで昼食をとり、12時に諏訪を出発。途中、中央道の事故渋滞に巻き込まれましたが、バスの中には中学野球部の都大会第1戦目勝利のニュースが入り、歓声があがりました。
 淵野辺駅に15時過ぎに到着。2泊3日のサマースクールが終了しました。
 多くの方に祈られ支えられた3日間を感謝致します。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop