イースター礼拝

更新日:2016年4月20日

 春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日に、イエス・キリストの復活を記念しお祝いする日がイースターです。
 桜美林中学校では、毎年4月の第4週の中学礼拝でイースターをお祝いしています。2016年は3月27日がイースターでしたが、今日20日(水)にイースター礼拝を守りました。イースターを通じて「命に感謝する心」「新しい友との出会い」「分かち合う心」を大切にしています。

 礼拝では、桜美林大学の井上大衛チャプレンより「光に向かって進む」という題でお話をしていただきました。
 ジャン=フランソワ=ミレーの『Charité(慈愛)』という作品中の、室内の暗がりから戸口の老人のもとへ歩み出すことによって、明るく光に照らされるであろう少女の姿に、自分たちの日々の行いを考えさせられるお話でした。

 本日の奉仕委員による献金感謝のお祈りを紹介します。

 「私達を愛して下さる天の神様。今日も私達の命を守り、礼拝を導いて下さいましてありがとうございます。
 今、井上先生を通して、大切なメッセージをいただきました。このことを心に留めて歩んで行かれますように私達を励まして下さい。
 本日はイースター礼拝です。新たによみがえられたイエス様を通して、私達も新たな友との出会いを大切にしていかれればと思います。
 先日、熊本を中心に大規模な震災が発生し、大きな爪痕を残しました。たくさんの方が亡くなり、行方不明となっている方も多く、とても苦しい生活をしておられます。神様、どうか私達ひとりひとりが今自分にできることは何かを考え、少しでも被災地の方々の力になれることができるよう、私達を強めて下さい。
 今、様々なことで苦しんでいる人々に救いの御手がさしのべられますように。お捧げする献金はお小遣いの一部ですが、熊本地震支援のためにお捧げ致します。この献金を通して、一人でも多くの人が笑顔になりますように。
 このお祈りを主イエス・キリストの御名によって神様にお捧げ致します。 アーメン」

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop