防災の日

更新日:2016年9月1日

 9月1日は、広く国民が地震や津波、台風などの災害についての認識を新たにし、それらに遭遇したときどのようにしたらよいのか心構えを準備する「防災の日」です。
 桜美林中学高等学校では全校で避難訓練を実施するとともに、今年は東日本大震災で被害を受けた名取市のゆりあげ港朝市協同組合の代表理事でいらっしゃる櫻井広行氏をお招きし、そう遠くない日にわれわれの身にも起こるであろう大災害に備えて、どのような心がけが必要なのかお話をうかがいました。

  「命を守るために」
   人は「まさか自分が。まさかそんなことは起こらないだろう。」と思ってしまう生き物です。
   大災害が起こった時ほど、正しいとは限らない「安心できる情報」を信じてしまいます。
   人の話を鵜呑みにせず、できる限りの正確な情報を得る努力をしてください。
   また、一人で逃げ出すことは大げさで恥かしいと思ってしまいますが、
   100回の避難が無駄足でも、101回目のために真っ先に避難してください。
   そして、安全が確認されるまでは決して戻らないでください。
   あなたの大切な人が、あなたを助けようとして災害に巻き込まれることがないように。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop