桜美林中学校・高等学校 クリスマス礼拝

更新日:2016年12月20日

 桜美林中学校・高等学校ではクリスマス礼拝を守り第2学期の終業となりました。奨励は明治学院大学の学院牧師でいらっしゃる和田道雄牧師をお招きし、『恵みを分かつクリスマス』と題してお話をしていただきました。

起きよ、光を放て。
あなたを照らす光は昇り
主の栄光はあなたの上に輝く。
見よ、闇は地を覆い
暗黒が国々を包んでいる。
しかし、あなたの上には主が輝き出で
主の栄光があなたの上に現れる。
(イザヤ書60章1~2節)

六か月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。
ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。
天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」
マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。
すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。
あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。
その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。
彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」
マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」
天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。
あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。
神にできないことは何一つない。」
マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。
(ルカによる福音書1章26~38節)

そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。
これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録である。
人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。
ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。
身ごもっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである。
ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、
初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。
(ルカによる福音書2章1~7節)

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop