中学礼拝

更新日:2017年1月25日

 本日の中学校礼拝では桜美林大学キリスト教センターの土橋敏良チャプレンに「あなたはどこにいるのか」という題でお話をしていただきました。
 
 蛇は女に言った。「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ。」女が見ると、その木はいかにもおいしそうで、目を引き付け、賢くなるように唆していた。女は実を取って食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた。二人の目は開け、自分たちが裸であることを知り、二人はいちじくの葉をつづり合わせ、腰を覆うものとした。その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。アダムと女が、主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると、主なる神はアダムを呼ばれた。「どこにいるのか。」彼は答えた。「あなたの足音が園の中に聞こえたので、恐ろしくなり、隠れております。わたしは裸ですから。」
(創世記3章4節~10節)

 食べてはいけないと言われていた木の実を食べてしまったことがアダムとイブの罪だと誤解しがちですが、神に顔を合わせられないと勝手に思い、身を隠してしまったことが罪なのです。
 失敗や過ちは誰にでもありますが、素直になれず自分勝手にあれこれ思い込み悩んでしまう経験は私たちにもあるのではないでしょうか。そんな時、自分は要らない存在だ、自分は駄目な存在だなどと自分のことを決めつけてはいけません。神さまはあなたならではの個性を育んでくださっています。あなたはあなたにしか果たせない役目を持っているのです。
 あなたがどこにいても神さまはあなたに寄り添ってくださっているのです。

 礼拝の後の中学校集会では、1月10日に実施されたコンテストの表彰も行われましたた。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop