中学礼拝

更新日:2017年2月15日

 本日の中学校礼拝では日本基督教団栗平教会の髙橋圭子牧師をお招きし、「ここに愛がある」という題でお話をしていただきました。

 神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。(ヨハネの手紙4章9~10節)

 他人に親切にしたのにもかかわらず、疎まれたりした経験がある人もいるのではないでしょうか。親切心や善意は脆いもので、相手の無関心に揺らいでしまったり負けてしまうことがあります。傷ついた善意が憎しみに変ってしまうことも少なくありません。
 しかし、みなさんはふだんから聖書のことばを通して、愛することは傷つくこと、犠牲になることだと学んでいるはずです。世の中でともに生きていくことは楽ではありませんが、神さまはそのことをも分かってくださっています。神さまが私たちに尊く生きるようにと与えてくださっている愛を信じて、どうかあきらめないでいてください。 

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop