細花高校訪問

更新日:2019年7月15日

 飛行機は予定時刻よりも20分ほど早く、18時09分に羽田空港に無事着陸しました。入国審査を経て手荷物を受け取った後、順次解散いたします。みなさんお疲れさまでした。(2019.7.15_05)

 生徒それぞれが済州島での楽しい思い出をお土産に帰国します。手軽に情報を手に入れられ、また容易にバーチャルな体験のできる時代だからこそ、実際に足を運び・人と出会い・話し・触れ合うことが大切なのだということを学びました。
 姉妹校訪問プログラムにご理解いただき、生徒たちを快く送り出してくださった保護者のみなさまに感謝いたします。
 また、細花高校の先生方、生徒のみなさん、ホームステイを引き受けてくださったご家族のみなさまに感謝いたします。감사합니다 (2019.7.15_04)

 金浦空港で手荷物検査、出国審査を済ませました。羽田に向かう飛行機は15時45分から搭乗が始まり、16時15分に離陸します。(2019.7.15_03)

 済州空港でのチェックインを済ませました。12時50分発のKE1222便で金浦空港へ向かいます。(2019.7.15_02)

 「異文化を知り文化の違いを理解する。共生意識を高める。」という目的を持って姉妹校細花高校を訪問した生徒たちは、4泊のホームステイを通じたくさんのことを学んだようです。別れ際は溢れる涙を堪えきれませんでした。(2019.7.15_01)

 今回の訪問では、姉妹校交流草創期に細花高校の国際交流を担当されていたハン先生、キム先生にお会いすることができました。島内の一公立校である細花高校が桜美林との姉妹校協定締結に至るまでの経緯など興味深い苦労話を教えていただきました。
 お二方とも既にご退職されてはいますが、両校の交流について今もなお腐心されており、様々な面でサポートをしてくださっています。
 特にキム先生からは、細花高校の同窓生としてまた教員OBとして寄稿した記念誌をいただきました。記念誌には、懐かしい写真も多数掲載されています。(2019.7.14_05)

 国立済州大学校は1955年に設立された済州島唯一の国立大学です。12の学部と医学専門大学院、法学専門大学院など9つの大学院からなる総合大学です。(2019.7.14_04)

 済州島の南西の端にある松岳山下の崖には、第2次世界大戦当時日本軍が軍事物資を隠すためにいくつもの洞窟を掘った跡が残り、過去の辛い歴史を物語っています。(2019.7.14_03)

 生徒たちがホストファミリーと過ごしている間、済州市翰京面清水にある「戦争歴史和平博物館」を訪問しました。
 ここは太平洋戦争当時に日本軍の基地があったカマオルム洞窟を整備した私設の博物館です。設立館長の李氏とも面会することができ、いろいろと話を伺うことができました。博物館内には悲惨な戦争を起こさないことを目的として戦争に関する史料が集められ展示されています。
 リゾート地としてのイメージの強い済州島ですが、戦時には日本軍が駐屯し地下要塞が築かれていたことを知りました。(2019.7.14_02)

 明け方は曇でしたが、昼前から夏らしい日差しが戻り、気温も上がってきました。ホストファミリーと過ごす日曜日を楽しんで欲しいと思います。(2019.7.14_01)

 済州市内には「東門市場(トンムンシジャン)」という市場があります。週末は夜市が開かれていて、食べ歩きを目的にしたり土産を安く手に入れることができるため、大勢の観光客で賑わっていました。(2019.7.13_04)

 済州島の有名な観光スポットに、海に突き出た火山「城山日出峰(ソンサンイルチュルポン)」があります。その近くにある城山港(ソンサンハン)から船でわずか10分の距離に、牛が横たわってる姿に似ていることから「牛島(ウド)」と名付けられた小島に渡ることができます。周囲わずか17kmの島は自転車で回ることもできるようです。晴れた日には多くの観光客が訪れる牛島も今日は閑散としていました。(2019.7.13_03)

 済州島東部、細花高校のほど近くには「万丈窟(マンジャングル)」という溶岩洞窟があります。
 2007年にユネスコ世界自然遺産に登録された万丈窟は、約30万年~10万年前に形成された世界最長の溶岩洞窟で、地質学的な価値が非常に高い場所です。
 一般に公開されている区間には溶岩流線や溶岩鍾乳、溶岩石柱など見所も多く、特に壁面の流線状の模様は洞窟内を流れた溶岩の痕跡で、線の数から洞窟内をどれだけの溶岩が流れたかが分かるようです。(2019.7.13_02)

 7月13日(土)は予報通り、ぐずついた天気となってしまいました。例年7月中旬は30度を超す気温になりますが、20℃台前半と過ごしやすい気温です。
 土曜日・日曜日は、生徒たちはホストファミリーと一緒に過ごしますが、日韓の文化の違いなどに触れ、互いの理解が深まることを期待しています。(2019.7.13_01)

 午後はホールで盛大な歓迎会が催されました。全体の司会進行は桜美林への来校経験のある生徒会の現会長が務めてくれました。両校から歌やダンス、伝統楽器の演奏などが披露され大いに盛り上がりました。(2019.7.12_02)

 2000年7月12日に桜美林高校と細花高校は姉妹校としての協定を結びました。今日はちょうど19年目の記念日になります。
 午前中、生徒たちはホストスチューデントと共に美術工芸の授業を体験し、キーホルダーを制作しました。出来上がったキーホルダーは、自分へのよいお土産となりました。(2019.7.12_01)

 細花高校に到着し、対面式が行われました。歓迎を受けた生徒たちは緊張も和らぎ、それぞれのホストファミリーと帰宅しました。(2019.7.11_03)

 15時過ぎに、済州国際空港に到着しました。細花高校のカン先生とムン先生が出迎えてくだいました。(2019.7.11_02)

 本日11日から15日まで、姉妹校の細花高校を訪問します。両校の生徒たちが異文化理解と共生意識を高めることを目的に20年に渡って相互訪問交流を続けています。
 この後、9時20分に離陸し、金浦を経由して済州島を目指します。(2019.7.11_01)

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop