中学アドヴェント礼拝

更新日:2019年11月27日

 その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
 「いと高きところには栄光、神にあれ、
  地には平和、御心に適う人にあれ。」
 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは、胎内に宿る前に天使から示された名である。
(ルカによる福音書2章8~21節)

 11月27日(水)の中学礼拝ではアドヴェント礼拝を守ることができました。ハンドベル部の前奏「What Child Is This?」に始まり、シンガーソングライターのヨーコトリヤベさんをお招きし、『世界で最初のクリスマス』と題して音楽によるメッセージをいただきました。
 ヨーコトリヤベさんは、作詞・作曲から、コンピューターを駆使した電子音楽制作まで、すべてをご自身で行うサウンドクリエイターとして活躍されています。
 本日は、「まきびとひつじを」「O Holy Night(さやかに星はきらめき)」「ジョイフルジョイフル」の3曲を披露してくださいました。
 3曲目の「ジョイフルジョイフル」では、谷村先生の伴奏にあわせ、オーレン先生、聖歌隊の生徒たちも加わっての華やかなステージになりました。

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop