中学校礼拝

更新日:2020年2月12日

 わたしは、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように。(フィリピの信徒への手紙1章9節~10節前半)

 本日の中学校礼拝では、坂本 達 氏をお招きして『4年3か月の自転車世界一周から学んだこと』と題してお話を伺いました。
 短い時間の中でしたが、自転車で巡った世界43ケ国の中からセネガル、ギニア、カメルーンでのエピソードが紹介されました。
 さまざまな経験から「無いものを見て不平や不満を漏らすのではなく、あるものに感謝する」、「失敗を怖がるのではなく、失敗したらやり直せばいい、失敗は財産になる」、「相手が大切にしているもの・ことを尊重する」という生き方や考え方を学んだという話が披露されました。
 生徒たちには、夢を持つことの大切さ、夢をあきらめないことの大切さ、たくさんの経験をすることの大切さが伝わったのではないかと思います。

[坂本 達 氏 略歴]
▶1968年東京生まれ。7歳から11歳まで父の仕事の関係でフランスに暮らし、そこで見たツール・ド・フランスに魅了され自転車の虜になる。
▶1992年、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。同年、株式会社ミキハウス入社。
▶1995年9月26日から1999年12月28日までの4年3カ月間、自転車世界一周の旅へ。
▶2002年5月5日から12月25日は自転車で日本を縦断する「夢の掛け橋プロジェクト」で86会場を回り講演。
▶2004年度、内閣府主催「東南アジア青年の船」(第31回)にナショナルリーダーとして参加。
▶株式会社ミキハウスに勤務のかたわら、全国の学校や団体で講演活動を続け、著書の印税により、走行中お世話になったアフリカの村などで井戸の建設、診療所の改修などを実行中。
[著書]
●「やった。 4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男」(2001年 三起商行株式会社)
●「ほった。 4年3カ月も有給休暇をもらって自転車で世界一周し、今度はアフリカにみんなで井戸を掘っちゃった男」(2006年 三起商行株式会社)
●「100万回のありがとう~自転車に夢のせて~」(2019年 三起商行株式会社)

Adobe Reader

PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用ください。

学校紹介

桜美林中学校・高等学校をご紹介しています。

教育内容

桜美林中学校・高等学校の教育内容をご紹介しています。

学校生活

授業、課外活動、さまざまな行事を通して素顔の桜美林を紹介します。

進路指導

一人ひとりの希望を聞き、将来像や生き方をともに考えて指導します。

入試情報

桜美林中学校・高等学校の入試に関する詳しい情報をご案内します。

Pagetop