MOVIE

桜美林中学校・高等学校の沿革

桜美林中学校・高等学校の沿革をご紹介します。

詳しくみる

クリスマス礼拝 ~艱難を経て栄光に至る~

2022年12月21日、桜美林中学校では3年ぶりに全学年の生徒が一堂に会して〝クリスマス礼拝〟を守ることができました。
説教には特別に青山学院大学宗教主任の吉岡康子先生をお招きして『ミシュカの決心』と題してお話をしていただきました。
礼拝の後、1年を振り返った生徒たちにそれぞれの「決心」を話してもらいました。

詳しくみる

NO MUSIC, NO HIGH SCHOOL LIFE

「楽しむことができるまでの紆余曲折をみんなで分かち合えるのは、高校生活でしかできないこと。苦しみながら進んでいくことが好き。」
「何をするにも、これがあるから頑張れるというのが私にとっての音楽。」
何かに夢中になれることの素晴らしさを語る生徒たちの様子をご覧ください。

詳しくみる

仲間とともに強くなれ ~クラブ活動紹介~

桜美林中学校・高等学校のクラブ活動を紹介する動画です。
異学年が一つの目標に向かって集うクラブ活動では、人間関係を学び、リーダーシップを学び、協働の楽しさを学ぶことができます。

詳しくみる

施設紹介 ~理想の教育環境~

中・高合わせ約1800名の生徒たちが生活する場を紹介します。
2021年10月には広さ17,466.72㎡の中・高専用の人工芝多目的グラウンド“ロードサイドグラウンド”も完成し、教育環境がさらに整備されました。

詳しくみる

桜美林学園創立100周年記念MOVIE

2021年、桜美林学園は創立100周年を迎えました。1921年、キリスト教宣教師として中国に渡った創立者・清水安三が、貧しい子女の経済的な自立のため、北京の朝陽門外に崇貞学園を創立してから100年。桜美林学園は、
次の100年に向けた新たな価値創造へと新たな一歩を踏み出します。

詳しくみる

桜の季節 ~春爛漫 桜美林が最も美しい季節~

春四月、桜美林中学高等学校が最も華やいでいる様子を動画に収めました。

詳しくみる

国際人の育成 ~英語の桜美林~

本校は創立以来“英語の桜美林”として広く認知されてきました。
「英語」を自らの考えを積極的に表現する「手段」とし、文化の異なる人々とも十分にコミュニケーションが図れるようになることを目標としています。

詳しくみる

スクールバスのご案内

JR横浜線淵野辺駅からは約8分、多摩センター駅(小田急線/京王線/多摩都市モノレール)からは約20分です。

詳しくみる

隣人愛 ~花の日礼拝~

1856年、アメリカのメソジスト教会が、6月第2日曜日を「子どもの日」として教会行事に加えることを決議しました。この日は少年少女たちの宗教教育を強調する日でした。
同時に、一年中で最も多くの花の咲く季節であることから、人々は各々花を持ち寄って教会堂を飾りました。礼拝では、イエス・キリストが「野の花を見なさい」と語り、どんな小さな命にも神の愛と恵みが注がれていることを教えました。礼拝後、子どもたちはそれらの花を持って病院を訪問し病人を見舞い、また警察(派出所)や福祉施設を慰問しました。桜美林中学校では、2021年6月9日(水)の礼拝を「花の日礼拝」として、生徒一人一人が花を持ち寄って学校を美しく飾り、中学1年生は荊冠堂チャペルで、2・3年生は放送で礼拝を守りました。

詳しくみる